庭の残置物片付け作業(後編)

2020/06/08

前回の続きとなりますが、2日目に突入し庭のゴミ片付もようやく終わりが見え始めました。最初は足の踏み場もなかった状態からお客様が必要だといわれるもの以外は全て撤去が完了し最終的にはブロックや土間部分、玄関ポーチ等、泥で汚れていた部分をキレイに水洗いで清掃も終わり全ての作業が完了となりました。今回のお客様のようにある程度の敷地面積があるお宅ですとどうしても庭に不要なものを放置しがちになると思います例えば家庭菜園の道具やスコップに添え木類、レンガやブロック類、剪定した枝や雑草類、なかには伐採した木等も放置されているケースもあります。また、小さい物置や大型の物置なども不要なのに片付けられないで放置している場合も少なくありません。物置に入っているものは大体がすぐには使わないけどそのうち使うであろうという物や、季節的に使わないもの等が収納されていることがほとんどです。物置も定期的に扉を開放して空気を取り込み換気を行わないとどうしても湿気などで保管物がカビてしまうケースがございます。場合によっては物置本体も錆などにより痛んできます。錆びてくると鉄板に穴が開きそこから雨水などが侵入してしまい物置の中身も物置本体もどちらも不要なものとなる場合もございます。物置のいらないものの処分や物置本体の分解、片付け処分などでお困りの場合は是非当社へご相談ください。錆がひどくてもご安心ください。解体に慣れたスタッフが手際よく分解解体していきます。また、お客様が不要と思っていても市場では必要としている不要なものがあるかもしれません。ゴミだから捨ててしまおうと諦めず、買取販売網にも精通している便利屋アーカディアに是非ご相談ください。