神奈川県相模原市の便利屋アーカディアが相模原市中央区大野台で大量のライターを片付けました。

2020/12/09

神奈川県相模原市の便利屋アーカディアでは、相模原市中央区大野台にて、大量のライターとガスライター専用のガスボンベの片づけを致しました。今回片付けたライターはなんと230本です。空のライターもあれば、まだ中身が入ったライターまで、沢山ありました。喫煙者の方にはかかせない使い捨てライターですが、捨て方が分からずこのようにどんどん増えていくケースが良くあります。ライターは中身の入った状態で捨てる事ができません。ガスが入った状態で、捨ててしまうと収集車の中にガスが充満し、火災事故になりかねません。今回のご依頼主様も何度もライターの処分を考えましたが、捨て方が分からずこのようにどんどん溜まってしまったそうです。弊社のブログを見て、お問い合わせ頂きました。電子タバコに切り替え、今は前ほど使い捨てライターを使用しなくなったそうです。部屋の片づけと同時に今回処分を決められたそうです。また、大量のライターを保有していて、何か火災などが起きたらと心配されたようです。ガスが入った状態で可燃ごみとして捨てられ、収集車で火災が起きた事故もあります。各都道府県、市、区によって処分の仕方が変わります。また回収してくれないところもあるようです。不燃ごみなのか、可燃ごみなのか、粗大ごみなのか、何なのか。本当に処分に困ります。またガスを抜く作業が面倒だったりします。ましてや、ここまで本数が溜まってしまうと一本一本ガス抜きをするのは、とても大変です。ご自宅のどこかに大量のライター眠っていませんか。神奈川県相模原市の便利屋アーカディアでは、お見積り無料となります。処分に困ったライターの回収も承っております。是非お問い合わせ下さい。