神奈川県相模原市の便利屋アーカディアが相模原市緑区川尻でスプレー缶を片付けました。

2020/12/10

神奈川県相模原市の便利屋アーカディアでは、相模原市緑区川尻で、スプレー缶や、カビキラーの処分を致しました。大掃除の時期になると良く使用する、カビキラーや洗剤類ですが、毎日使用するものではない為、少し中身の入った状態で残っていることがよくあります。忘れた頃に、随分前に開封した物がでてきたなんて事ありませんか。古くなった洗剤やスプレー、カビキラーは何だか使うのに気が引けてしまったりします。でもどう処分していいのだろう。水道に流して平気なのだろうか。と心配になります。今回のご依頼主様も、大掃除を使用として沢山でてきたスプレー缶や洗剤、カビキラーを見て処分に困りご依頼を頂きました。カビキラーは塩素系漂白剤になります。他にもキッチンハイターなどもその種に含まれると思います。古い物は何だか、化学反応を起こしていそうとか、有毒になっていないかとか色々と心配になると思います。古くなった物は、おそらく効果が弱まるくらいだとは思いますが、塩素系漂白剤は化学反応によって、有毒ガスを発生することもあります。特に、酸性と組み合わせるのは危険と言えるでしょう。一般的にこういった不安があり、処分に困り、毎年毎年増えていってしまうスプレー缶やカビキラー、洗剤などが溜まっていきます。各市町村、自治体により違ってきますが、一般的に液体の処分はしてくれません。布や紙に湿らせて捨てるのも、量が多くなればなるほど大変で面倒になります。神奈川県相模原市の便利屋アーカディアでは、液体が入った状態のカビキラーや、スプレー缶、洗剤などの回収も行っております。お見積りは無料となります。年中無休で、年末年始も対応可能でございます。是非、この機会にお問い合わせ下さい。